顧問弁護士とは

企業が活動する際には、必ず法律が関わってきます。会社を始める際にも運営をしている中でも、そしてもしも会社を続けるのが難しくなり活動を停止しなければならない時にも全ての時に法律は関わってきます。そのため、企業はその会社の取り扱う内容と併せて法律の知識についても身につけておく必要があります。

契約書の作成や交渉、人事の書類作成や雇用契約の内容といったものは一般的に会社役員が書類の作成をしたり監修をしたりしますが少し大きな規模の会社になると人事部や法務部がその仕事を取り扱います。しかし、その全ての人たちが法律について勉強をしているとは限らず専門知識は働きながら身につけている人たちがほとんどです。そうなると、仕事の際に法律知識を身につけなければならず、仕事の中で作業をするのは時間もかかります。他にも抱えている仕事がありますから少しでもその生産性を上げること、そして困った時に相談できる心強い存在として顧問弁護士がいます。

会社経営の中で常に弁護士に相談する必要がある状況というのは、会社経営の中で不安な状況ではないのかと思われがちですが、決してそのようなことはありません。顧問弁護士というのは主治医のような存在であり会社の良好な経営を助けるオブザーバー的な存在です。有事の際に心強いパートナーとなるためにも日頃から打ち合わせの時間を持つことはとても重要な意味をなしています。そこで、ここでは顧問弁護士を雇い入れることを検討している人に役立つ顧問弁護士の必要性と顧問契約の結び方や顧問弁護士と起こりうるトラブルについて紹介していきます。