顧問弁護士のメリット

顧問弁護士のメリットは、何よりも困った時にすぐ相談できる点です。クレーム処理、従業員のトラブル、契約のトラブルといった場面では法律知識が必要なことがあります。そのようなトラブルの際に、顧問契約を結んでいれば、顧問弁護士がすぐに駆けつけてくれ対応を手伝ってくれます。日頃から定期的に話し合いの機会を持っていることで共通認識のもとでトラブル対応に当たることができるので、スピーディーに適切な対応をしてもらうことができます。トラブルの時には迅速な対応がとても重要です。最低限の話し合いですぐに対応に当たってもらえることで被害を最小限に収めることができます。

また、契約書や雇用契約書といった書類の内容確認をしてもらい会社にとって不利な書類になっていないか不備がないかといったことの確認もしてもらうことができたり、会社内できになる職員の相談や社内の案件の相談ができ、トラブルを未然に防ぐことができます。また、事前にきになることを顧問弁護士に伝えておくことで万が一トラブルが表面化した際にも迅速な対応ができます、それ以外にも、コンプライアンス研修を実施したり、注意喚起の文書の作成をしたりして従業員への法律意識の徹底にも貢献してもらうことができます。